Posted by at

白夜行-☆

2008年11月04日

オルマエヨ?

こんにちは。 りか です。





今年も、BOOKUOKAに参加します。


見かけたら声かけてもらうと喜びますので、どうぞよろしくです。


出品に間に合うように読み終えましたicon10




白夜行  -東野圭吾-

ここんところ、個人的に東野圭吾フェア開催中です(*´∀`)


雪穂と亮司の約20年間に渡る波乱に満ちた物語です。
2人の周りで起きる数々の事件。関わる人々を巻き込みながら成長し、付かず離れず共生してそれぞれの人生を突き進んでいく。

物語自体も面白いですが、あとがきで 馳 星周も書いている通り、その表現方法に驚きます。
主人公の心の動きが、本人たちの口から一切語られていません。
2人に関わっている第3者から見た主人公たちの行動と、それに対する周囲の人たちの気持ちだけが描かれています。

読者は2人の性格や人格をを想像するだけです。事件の真相も想像です。
作者の思いを、読者に自由に想像させる。それも、作者の意図する通りに。。。

読み終えた後、その事実に、しばし呆然としてしまいました。face08


作者のチャレンジを楽しみながら、ご一読してみては、いかがでしょうか?σ(゚ー^*)  


Posted by CALM at 17:08Comments(0)calm BOOK