Posted by at

続・CALMの美味しい淹れ方

2006年12月10日

こんにちは!

SUNDAY担当icon01のとーこですface01

今回も前回に引き続き、コーヒーを淹れるときの注意点を
ご紹介しますicon100

ポットは注ぎ口が細いものが良いです。



というのも、勢いよく注ぎすぎたり、逆に勢いが弱すぎると、
粉が均一に膨らみまないからです。

つまり、お湯は出来るだけ細く静かに、
落ちるお湯で粉が掻き回されないように落とすのが、
美味しく淹れるコツ♪

なので、注ぎ口が細い方がその加減がしやすくなります。

豆の挽き方でも淹れやすさが変わりますicon53

細い方がコーヒーの風味が出やすくなります。
つまり、苦味・コクが増すわけです。

逆に荒く引くとすっきりと後口が軽い感じに仕上がります。

豆の種類やどういう味にしたいかによって、
その特徴に合わせた挽き方にするのがよいのですが
渋味・雑味を豆の中に残し、コーヒー本来の味だけを抽出して、
ペーパードリップやコーヒーメーカーとの相性が適しているので、
「中細挽き~中挽き」というのが一番淹れやすいと想いますface02

けれど、やっぱり一番大切なのは「コーヒーの鮮度」ですicon59

新鮮なコーヒーを飲みはじめると、たくさん飲んでも、
胃が痛くなったりすることがなく、するすると何杯でも飲めます。

更に、冷めても美味しく飲むことができるのです。

もし、CALMがあまったら、捨てたりせずに、
冷ました状態で飲んでみてください。

温かいときとは、違った味わいですが、
おいしくいただけますよicon99

それでは!see you next icon102  


Posted by CALM at 23:59Comments(0)calm BEANS