Posted by at

Coffee Taste

2006年10月08日

今日は、CALMの味についてのお話です^^

CALMのコーヒーは口当たりがまろやかになるように
仕上げています。

今の日本はシアトル系コーヒーと言われる
エスプレッソを主体としたコーヒーが流行っています。

ですから、コーヒーを飲んでいらっしゃる方の多くが
ミルクたっぷりのラテや生クリームがトッピングしてあるものなどを
口にしていらっしゃると想うのです。

また、エスプレッソではなく、いわゆるレギュラーやブレンドと
言われるコーヒーでも、
ボディの強いもの。苦味や酸味が強いもの。が主流です。

ですから、どちらかというと、
calmのコーヒーはその主流に乗っていませんicon10

なぜか?

コーヒーをアレンジして飲むのはわたしもすきです。
アレンジやカスタマイズでいろんな味が発見できます。

ですが、「コーヒー本来の味」というものが
アレンジやカスタマイズで消されてしまうのはもったいない!と
想ってしまうのです☆

コーヒーはそれ自体とても豊かな香りと味を持っています。

なので、コーヒーの豆自身の味と香りを楽しむ為に、
普段はミルクや砂糖をいれたり、アレンジやカスタマイズする
コーヒーを飲んでいらっしゃる方に

「Blackでコーヒーを味わっていただきたい!」

というのがcalmの味を決めるコンセプトになりました。

普段濃いコーヒーを飲んでいらっしゃる方には
物足りなさを感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

普段ミルクや砂糖を入れてコーヒーを飲んでいらっしゃる方には
Blackで飲むことには抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

でも。

しばらくcalmのコーヒーをBlackで飲んでみていただきたいのです。

Blackで飲んでも美味しく感じられるように
口当たりをやわらかくして、
酸味を抑えたブレンドにして、
焙煎もブレンドの種類によって変えています。

そして、何より

豆の選別→焙煎→豆の選別→挽き→パッケージング
→発送

の手順を縮めて、新鮮なコーヒーがお手元に届くようにしていますface01


賞味期限もよそよりは断然短いです!

もちろんもっと長く表記することは可能です。

けれど、より新鮮なものを飲んでいただこうと想うと、
どうしても短い期限を区切らざるおえないのですicon67

その分ロットは小さくなりますから、手間は余計にかかります。

けれど。

わたしたちは自分たちが胸を張って
「おいしい」と言えるコーヒーをお客様にご提供したいのです。

わたしたちが「おいしいicon102」と
自信をもってオススメするコーヒーが、
みなさんに飲んでいただける日が来るのが
わたしの願いですicon102


  


Posted by CALM at 16:48Comments(4)calm BEANS